ライセンス及び
製品ビジネス

当社の真空サプライチェーンソリューション 「INTER ®」は、
サプライチェーン全体におけるコスト削減、フードロス削減、GHG削減を
同時に実現する
唯一無二のソリューションです。​

真空サプライチェーンソリューション【INTER ®】

生産から消費までを真空で保存する事で賞味/消費期限が延長され、​防虫/防菌と共に防腐効果が実証されているため、防腐剤など食品​添加物が不必要になる商品も。

真空サプライチェーンソリューション【INTER ®】

01
真空量り売りシステム​
好きな時に好きな量を購入できる量り売りに製造から
消費までを真空に​することで賞味/消費期限の大幅な延長を実現​

主な導入先:小売業、通販業​
02
リフィルシステム
真空量り売り機の導入が難しい場合、
大型リフィルにて長期間の詰め替え​を実現​

主な導入先:製造業、飲食業、サービス業、ご家庭​
03
個装システム
原材料調達での長期保存や真空量り売り機の活用や
導入が難しい通販やEC等での販売

主な導入先:一次産業、製造業、飲食業、サービス業、
小売業、通販業、ご家庭​

競合優位性​

私たちの競合優位性は、3つの技術と1つのビジネスプラットフォームで構成され、
組み合わせにより参入障壁を上げ、既存解決策と比べ大幅な削減量を実現します。​

簡易再真空技術​
専用の機械要らずで手でも簡​単に
再真空化が可能
業務用​でも市販機器で簡単脱気​
容器の完全リユースを​実現​
超真空特許技術​
-0.095MPaの地上限界真空値​
99.5%以上の高真空率​
他社:真空率70-80%
簡易容器製造技術​
流体力学を基礎とし
容器構成​部品を簡素化
高度技術を​必要とせず
全世界のど​こでも製造可能​
超真空特許技術​
-0.095MPaの地上限界真空値​
99.5%以上の高真空率​
他社:真空率70-80%
簡易再真空技術​
専用の機械要らずで手でも簡​単に
再真空化が可能
業務用​でも市販機器で簡単脱気​
容器の完全リユースを​実現​
簡易容器製造技術​
流体力学を基礎とし
容器構成​部品を簡素化
高度技術を​必要とせず
全世界のど​こでも製造可能​

複合ソリューション
プラットフォーム

GHG削減とフードロス削減を同時に提供できる複合ソリューションプラットフォームは唯一無二
消費者を含むサプライチェーン全体での取り組みのし易さと企業単体の解決策での結果を遥かに​
凌駕する大幅な削減量は世界における対策のスタンダードとなる事を信じています​

導入イメージ​

レストランでの
規格外野菜の
ペーストの真空量り売り販売
飛行場ラウンジや機内でのドリンクの
真空量り売り販売
飛行場ラウンジや
機内でのドリンクの
真空量り売り販売
美容サロンでの
ヘアケア用品の真空リフィル活用
及び量り売り販売​
美容サロンでの
ヘアケア用品の真空リフィル活用
及び量り売り販売​
駅ナカでの無人店舗による
オーガニックジュース
真空量り売り販売​
スーパーマーケットでの
防腐剤なしワインの
真空量り売り販売​
スーパーマーケットでの
防腐剤なしワインの
真空量り売り販売​
ドラッグストアやEC倉庫でのお米や調味料の真空量り売り販売

市場規模​

当社の真空サプライチェーンソリューションインターは、真空容器や量り売りを通じて新しい販売形態を生み出し、D2Cを始めとするメーカー機能も有する事から単純な既存容器置き換えではありませんが参考市場の規模間です。

480兆円
全世界小売業
売上規模​
14兆円
全世界食品容器製造
売上規模​
100兆円
カーボンクレジット
取引額​

GHG削減

現在の環境問題ソリューションと比較して圧倒的なGHG削減量であり、
同時にフードロス削減も実現します。​

Scope3
detail
#1 #4 #5 #8 #9 #11 #12 Total
バイオプラ/
別素材による
個装素材変更
10~20%削減
※原材料調達での
10~20%削減
※廃棄物が少し減少
5%削減
※リサイクルした場合
全体の5~10%
リサイクル率が
100%になるとx2
個装素材
使用量の削減
10%削減
※原材料調達での
10%削減
※廃棄物が少し減少
1%削減
※リサイクルした場合
全体の5~10%
リサイクル率が
100% になるとx2
プラスチック
フリー
量り売り什器
20%削減
※個装の減少/
物流資材は残る
20%削減
※廃棄物が少し減少
5%削減
※配送機会の減少
15%削減
※マイボトルを
使用の場合
全体の10~20%
物流資材は残る/
賞味・消費期限は変わらず
真空サプライ
チェーンシステム
6~90%削減
※個装/物流資材なし
4~50%削減
※配送機会の半減
30%削減
※賞味・消費期限の
延長にて
40%削減
※個装機械の削減
5~80%削減
※配送機会/倉庫代/
資材等なし
20%削減
※個装/物流資材なし
5~80%削減
※個装なし/購入機会減/廃棄減少
全体の50~90%
個装/物流資材なし/賞味・消費
期限の大幅延長による多面的恩恵
Scope3
detail
バイオプラ/別素材による個装素材変更 個装素材使用量の削減 プラスチックフリー
量り売り什器
真空サプライ
チェーンシステム
#1
10~20%
削減
※原材料調達での
10%
削減
※原材料調達での
20%
削減
※個装の減少/物流資材は残る
6~90%
削減
※個装/物流資材なし
#4
4~50%
削減
※配送機会
の半減
#5
10~20%
削減
※廃棄物が少し減少
10%
削減
※廃棄物が少し減少
20%
削減
※廃棄物が少し減少
30%
削減
※賞味・消費期限の延長にて
#8
40%
削減
※個装機械
の削減
#9
5%
削減
※配送機会の減少
5~80%
削減
※配送機会/倉庫代/資材等なし
#11
20%
削減
※個装/物流資材なし
#12
5%
削減
※リサイクルした場合
1%
削減
※リサイクルした場合
15%
削減
※マイボトルを使用の場合
5~80%
削減
※個装なし/購入機会減/廃棄減少
Total
全体の
5~10%
リサイクル率が100%になると✕2
全体の
5~10%
リサイクル率が100% になると✕2
全体の
10~20%
物流資材は残る/賞味・消費期限は変わらず
全体の
50~90%
個装/物流資材なし/賞味・消費期限の大幅延長による多面的恩恵

容器のバイオプラスチック化、紙容器への変更、容器使用素材の​減少など、
カーボンニュートラルに向けて各企業が現在行なっている対策は、スコープ3の総排出量の5-15%の削減しか​実現出来ません。​

私たちの真空サプライチェーンソリューションは、No Package/No Packing Material による個装廃止、物流資材の​減少及び真空化による賞味/消費期限の延長により物流回数の​軽減、全工程での廃棄率の減少、
マイボトル化、量り売りの日常化による家庭関連排出量の軽減や廃棄率の減少により、GHG削減だけではなく、
フードロス削減等の​解決に対して大きな成果を生み出します。​

実際の排出量
2019年度
真空サプライチェーンシステム
構築による効果
更に付加価値バイオプラ
利用による効果
温室効果ガス総排出量
に対する比率
CO2排出量
(千t)
削減影響度
(実際排出量✕削減効果予測率)
CO2排出量
(千t)
削減影響度
(実際排出量✕削減効果予測率)
CO2排出量
(千t)
Scope1 6.30% 254 254 254
Scope2 4.30% 174 174 174
Scope3 89.40% 3,602 1,773 1,545
カテゴリー1:購入した製品・サービス 57.70% 2,325 60% 930 20% 744
カテゴリー2:資本財 3.10% 123 0% 123 0% 123
カテゴリー3:"Scope1、2に含まれない燃料エネルギー関連活動" 1.90% 75 0% 75 0% 75
カテゴリー4:輸送、配送(上流) 8.70% 353 50% 177 20% 141.2
カテゴリー5:事業から出る廃棄物 0.50% 21 30% 15 0% 14.7
カテゴリー6:出張 0.10% 5 0% 5 0% 5
カテゴリー7:雇用者の通勤 0.60% 22 0% 22 0% 22
カテゴリー8:リース資産(上流) (対象外) 20% 0% 0
カテゴリー9:輸送、配送(下流) 6.70% 268 50% 134 0% 134
カテゴリー10:販売した製品の加工 (対象外) 0% 0% 0
カテゴリー11:販売した製品の使用 7.20% 291 20% 233 0% 232.8
カテゴリー12:販売した製品の廃棄 3.00% 119 50% 60 10% 53.55
カテゴリー13:リース資産(下流) (対象外) 0% 0% 0
カテゴリー14:フランチャイズ (対象外) 0% 0% 0
カテゴリー15:投資 (対象外) 0% 0% 0
温室効果ガス総排出量(Scope1、2、3合計) 100% 4,029 2,201 1,973
削減率 45% 10%
削減率合計 45% 51%
カーボンクレジット換算(2,000円/t) ¥3,657,000,000 ¥4,111,500,000
  • ※真空サプライチェーンシステム導入におけるGHG削減効果検証
  • ※サンプル企業:日清食品 2019年度公表排出量
  • ※効果検証:株式会社エコシステムGHG算定プログラム

フードロス削減​

高い真空率を実現した当社の真空容器は、内容物の大幅な賞味、消費期限の延長を実現し、​
フードロス問題に対して大きな効果を発揮します。​​

真空サプライチェーン
ソリューション INTER ®

生産
収穫作業中の損耗
損傷、収穫物の選別対象外
畜産での飼育中死亡
漁獲作業における廃棄
arrow
規格外品
出荷調整の真空商品化
貯蔵
貯蔵設備段階での劣化
輸送中の損傷による廃棄​
arrow
貯蔵設備段階での
劣化防止
輸送中の損傷防止
加工
加工工程中の
品質消耗・劣化
選別対象外による廃棄​
arrow
加工行程中の
品質消耗・劣化防止
規格外品の真空商品化
流通
卸売市場等での選別除外
賞味期限切れの廃棄
arrow
卸売市場等での規格外品の
真空商品化
賞味期限大幅延長
消費
家庭や飲食店での食べ残し
賞味期限切れ
品質劣化による廃棄​
arrow
家庭や飲食店での
食べ残し防止
賞味期限大幅延長
品質劣化防止
生産
収穫作業中の損耗
損傷、収穫物の選別対象外
畜産での飼育中死亡
漁獲作業における廃棄
arrow
規格外品
出荷調整の真空商品化
貯蔵
貯蔵設備段階での劣化
輸送中の損傷による廃棄​
arrow
貯蔵設備段階での
劣化防止
輸送中の損傷防止
加工
加工工程中の
品質消耗・劣化
選別対象外による廃棄​
arrow
加工行程中の
品質消耗・劣化防止
規格外品の真空商品化
流通
卸売市場等での選別除外
賞味期限切れの廃棄
arrow
卸売市場等での
規格外品の真空商品化
賞味期限大幅延長
消費
家庭や飲食店での
食べ残し
賞味期限切れ
品質劣化による廃棄​
arrow
家庭や飲食店での
食べ残し防止
賞味期限大幅延長
品質劣化防止
年間3.9億t(30%)の
フードロス削減​